【スキー場レビュー】軽井沢プリンスホテル(20-21シーズン)

駅近リゾート地、軽井沢プリンスホテルスキー場で滑ってきました。

Goodポイント

(1)駅近!

駅からとても近いです。日帰りスキーセンターへは、駅発のシャトルバスで5分もかからず着きます。歩いても10分かからないくらいです。

(2)至近距離にアウトレットがある

軽井沢駅にほぼ直結し、ゲレンデから歩いて行ける距離にあります。帰りにお買い物や食事などで立ち寄れば、いつもとは少し違ったスキースノボ旅行になるでしょう。

気になるポイント

(1)雪質はよくない

人工雪のため、相応の雪質です。行った日は運が悪く未明に雨が降り、朝は全面アイスバーンでした涙 気温が上がる午後にはシャバ雪になり、コースが荒れます。とは言え周りはほぼ雪がない状態でもしっかりコースオープンさせて営業するスキー場ですので、移動時間などの利便性を最も重視する方にはおすすめです。

(2)コースが全体的に狭め

初級者向けコースが体感半分以上を占めますが、狭い箇所が多々あります。そのため初心者はベース付近のちょっとしたバーンで練習することをおすすめします。

アクセス(都心からの行程)

東京駅→新幹線 1時間19分→軽井沢駅シャトルバス3分 →スキー場 ※軽井沢駅から徒歩10分で着くことも可

スキーセンター

スキー場の最も東側のベースにあります。アウトレットから直結しているのはプリンスホテルのみです。

コインロッカー

更衣室と同じ建物内にありますが、別の空間にあるため着替え後に荷物をまとめてからコインロッカーに入れる形になります。400〜500円で出し入れ自由のタイプです。

更衣室

12〜13畳ほどの更衣室があります。バスツアーの時間と重なるとかなり狭く使うことになりそうです。ただ、日帰りバスツアーが1万円近くとお値段が高めであるため、利用者は少ないかもしれません。

f:id:uhfuji:20210224140205j:plain

コース

ところどころかなり狭くなっています。山頂へ行くには、細い箇所でしっかりコントロールできる必要があります。

f:id:uhfuji:20210224140232j:plain

リフト待ち時間

イースト高速は長いと10分程度。スキー検定の時間と重なるともみの木リフトはかなり長く待ちます。

景色

滑走中に浅間山が綺麗に見えます。山頂では別の方角に妙義山八ヶ岳を見ることができます。

f:id:uhfuji:20210224140254j:plain

ゲレンデ飯

食べていないためレポートなしです。

スキー場周辺

なんと言っても、徒歩圏内にアウトレットがあるのが特徴です。軽井沢駅から少し足を延ばせば旧軽井沢でショッピングや食事を楽しむのもありです。

スノボ日記

シャバ雪での修行でした。トゥサイドターンで少し遠心力を感じられたのと、重心を低く保って滑れたのがよかったです。最高速は35.2km/hでした。

【スキー場レビュー】湯沢高原スキー場(20-21シーズン)

GALA湯沢から湯沢高原スキー場に行きました。短い時間の滞在でしたが、とてもよい点があるためレビューを書きます。

Goodポイント

(1)休日でも空いていて快適!

リフトはほぼ待ちなし、ゲレンデもほどよい密度であるため "人混みはどうしても嫌だ!" という週末スキーヤー・ボーダーに最適です。

(2)眺望が素晴らしい!

湯沢高原スキー場の高原エリアはロープウェイで十分に高度を上げた尾根上の地形にベースがあります。そのため、リフトで山頂付近へ登らなくとも素晴らしい景色を見ることができます。南側を見ると真っ白な谷川連峰、東側を見ると真下には越後湯沢の街並み、視線を上げると湯沢エリアのランドマークとも言える飯士山や真っ白でどっしりとした巻機山、北側に目を移していくと越後三山の白い峰々、そして南魚沼の平野、といった具合に180度以上のパノラマが広がります。

f:id:uhfuji:20210221232839j:plain

気になるポイント

ゲレンデの規模が小さい

クワッドリフト1本、ペアリフト2本と規模は決して大きくなく、滑りごたえのあるロング滑走や初心者がターンの練習をするような斜面には向いていません。

アクセス(都心からの行程)

GALA湯沢 → ロープウェイ・ランドー 5分 →ゲレンデ

湯沢高原・GALA・石打丸山の三山共通リフト券を持っていればそのまま行き来できます。GALA湯沢の1日券のみ持っている場合、ロープウェイ・ランドーの往復のみであればそのまま乗車可能です。湯沢高原スキー場でリフトに乗る場合は追加で2,000円を払うとリフト券を購入できます。

※直接ゲレンデへ行く場合の参考 東京駅→新幹線 1時間15分→越後湯沢駅 → 徒歩15分

スキーセンター

使用していないためレビューなしです。

コース

湯沢高原ロープウェイの上部、高原エリアに限定して書きます。

ゲレンデはリフト3本とコンパクトでありつつ、初級者から上級者までカバーする構成です。初心者がターンの練習ができるような幅広い緩斜面はないため、ターンがある程度できて細いところでコントロールできるレベルでないと楽しむのは難しそうです。

リフト待ち時間

休日でもほぼ待ちなしで快適です。

景色

山頂パノラマペアリフトを乗った山頂付近は谷川連峰を始めとする越後の山々や湯沢の街、遠く南魚沼の平野まで大パノラマが広がります。山頂からは急斜面か迂回路のどちらかを選択することになり、迂回路は2kmあまりの長いコースを景色を楽しみながら滑ることができます。

f:id:uhfuji:20210221232916j:plain

ゲレンデ飯

中腹のレストラン「エーデルワイス」は2方向の景色が抜群で、とても開放感があるレストランです。

f:id:uhfuji:20210221232932j:plain f:id:uhfuji:20210221232938j:plain

メニューはカレー、ラーメン、豚カツなど。越後の具材が使われています。豚カツサンドはラップに包んだサンドイッチのようなものをイメージしていましたが、揚げた豚カツを贅沢に挟んだもので、とても美味しかったです。

f:id:uhfuji:20210221233035j:plain ※途中で写真を撮ったため3つですが、実際は4つです!

スキー場周辺

湯沢高原ロープウェイのベースは温泉街の中にあり、温泉街の宿に泊まれば宿・ゲレンデ・お土産屋飲食店と楽に移動することができます。

その他

湯沢高原は冬季以外もロープウェイやリフトが運行されており、季節ごとの景色を楽しめます。

【スキー場レビュー】岩原スキー場(20-21シーズン)

2021/2/11(木祝)に、コロナ感染の影響で一時休業、2/8に再開したばかりのかぐらスキー場に行く予定でしたが、まさかの全面休業(※)とのことで岩原スキー場へ行ってきました。 ※田代ロープウェイ=強風予報のため運休、みつまたロープウェイ=故障のため運休

アクセス(都心からの行程)

東京駅→新幹線 1時間14分→越後湯沢駅 → 無料シャトルバス15分 →スキー場

越後湯沢駅起点のスキー場は数多くありますが、バスで15分ほどとアクセスが良いのが特徴です。

スキーセンター

リゾートセンター1と2という2つのスキーセンターがあります。 リゾートセンター1はゲレンデ最下部、リゾートセンター2は中腹にあります。マップなどで見ると1がベースと勘違いしてしまいそうですが、2が本当のベースです。シャトルバスは1→2の順に止まり、1で降りてしまわないように注意が必要です。なお、一部のパッケージツアーで1を利用するケースがあるようです。

コインロッカー

あるのですが、更衣室とは別の建物であり、日帰り利用にはかなり不便です。

f:id:uhfuji:20210212144834j:plain 左下に写っているプレハブ小屋のような建物がロッカールームです。

中はこんな感じ f:id:uhfuji:20210212144847j:plain

300円の小さいサイズは数が少なく埋まっており、縦長に大きい500円のサイズを使うことになります。1回きりのタイプです。

更衣室

リゾートセンター2内に男女の更衣室があります。手前に5〜6畳ほどの男性用更衣室があり、扉を隔てて女性用の更衣室があります。男性用は衝立で区切られているだけなので、女性用更衣室と行き来する人から丸見えです・・・。先に紹介したロッカールーム内に個室が2つ設置されているため、気になる方はこちらを利用するとよいです。到着時9:20頃、滑り終わり15:40頃は誰も使用していませんでした。

f:id:uhfuji:20210212144920j:plain

お風呂

ゲレンデ直結のホテルで一部日帰り入浴に対応しているようですが、未利用のためレポートはなしです。

コース

ベース付近はとても幅広い緩斜面が広がり、リフト2本(パラレルは片方のみ稼働)で周回でき、人が集中しにくいバーンなので滑りやすいです。広々として癖のない緩斜面、パークがない、地形遊びできる箇所が少ないということでボーダーでグラトリを練習している人が多い印象でした。

山頂クワッドに乗った先は迂回コースがあるものの、とても狭くて崖のような箇所があり、初心者は避けたほうがよいです。

リフト待ち時間

ベース付近で効率良く上がれる中央クワッドは常に行列で、長いと10分ほど待ちます。ほぼ同じゲレンデを滑れる第2ペアリフトは待ち時間は長くて5分ほどなので、お好みで選ぶと良いです。

なお、山頂クワッドは常に待ち時間なしでした。

景色

全体的に開けた構造なので、迂回コースの林間部分以外は景色が良いです。天気が良いと飯士山の北側、舞子スノーリゾートや南魚沼方面を一望でき、滑り降りる途中で谷川岳方面の絶景が広がりますので、しっかりコントロールできるのであれば山頂クワッドに乗ることをおすすめします。

f:id:uhfuji:20210212144953j:plain

f:id:uhfuji:20210212145001j:plain

ゲレンデ飯

ゲレンデ直結の小規模なホテルに併設されたレストランの中から選んで食べる形です。食べたのは○○○というお店のパフェで、700円にしてはしっかりボリュームがあり、フルーツも入っていて美味しかったです。

スキー場周辺

リゾートセンター1付近に宿泊施設が多くあるようですが、ほぽ通過したため詳しい様子はわかりませんでした。

スノボ日記

アングルを少し前振り(前21後0)にしてみた影響からか、雪面が終始あれていたからなのか、視界がずっと悪かったからなのか・・・理由ははっきりわかりませんが足首太ももと足が全体的に疲労困憊になりました。アングルは途中でダックス(前15後-9)に戻しました。特に上達や新しい試みはなかったので、次回はエッジを立てる動作など基本をしっかり練習します。

ハワイアン航空のモデルプレーン(おもちゃ)

航空科学博物館に行った際に買ったものを紹介します。

DARONという会社?のハワイアン航空のモデルプレーンです。税込1,320円でした。

f:id:uhfuji:20210207231046j:plain ※反射してすみません

海外旅行に行けない今、海外へ飛行機で飛び立ちたい気持ちやハワイに行きたい気持ち、そしてハワイに行くならハワイアン航空で、という思い入れから買いました。

実在する機体を模しているのかと思いきや機種名の記載はなく、ボーイングエアバスの特定の機種ではないようです。パット見B767にも見えるし、コックピットはエアバス寄りな気もするし、ただ、実在する機体と言われても違和感ない形です笑

素材は胴体部分が金属、その他はプラスチックです。なので持った感じ少し重みを感じます。

f:id:uhfuji:20210207231104j:plain

少し細部を見てみましょう。

f:id:uhfuji:20210207231124j:plain

f:id:uhfuji:20210207231131j:plain

コックピット付近も尾翼付近もちょっとデカールが浮いてますがご愛嬌。

次に下部を見ていくと・・・

f:id:uhfuji:20210207231145j:plain

お、前輪を格納できる!?と思い少しいじってみましたが、だめみたいです。

主脚のところも外せそうでしたが、壊れそうだったのでやめました。

f:id:uhfuji:20210207231157j:plain

と、細かいところを見ると荒い部分が多いですが、少し引いてみると垂直尾翼の華やかなロゴや胴体部分に描かれたレイが素敵で、インテリアとしては申し分ないです。

f:id:uhfuji:20210207231213j:plain

とてもいい買い物になりました。

ペーパーナノはじめました

ずっと前にTDRで買ったペーパーナノ『it's a small world』を、ようやく開封しました。

f:id:uhfuji:20210204233141j:plain

中身はこんな感じです。

f:id:uhfuji:20210204233155j:plain

白い、ディスプレイ台代わりになる台紙と、切り貼りするカラフルなシートが10枚です。対象年齢12才以上、作成時間は3〜7時間とのこと。振れ幅大きい笑

説明書をざっと流し読みし、7時間で収まるのか全然わからない感覚でスタートです。

まずは正面下部の花壇を作りました。この時点で13枚のパーツです。気が遠くなります笑 f:id:uhfuji:20210204233437j:plain

作業が進んだら、また書きます。

【スキー場レビュー】丸沼高原スキー場(20-21シーズン)

群馬県利根郡片品村にある丸沼高原スキー場のレビューです。今回は悪天候のためゴンドラの日光白根山ロープウェイが運休だったため、参考の参考です。

アクセス(都心からの行程)

池袋(サンシャイン文化会館ビル)→バス3時間→スキー場 ※バスツアーに参加

スキーセンター

施設はとても清潔感があり、エスカレーターが設置されゲレンデへ通じる2階へ楽に上がることができます。

売店と軽食屋が入口付近にあるため、着替え終わって帰り際にお土産を買ったり、ソフトクリームやプリンなどの甘いものを食べるのにとても便利です。GEORGIAカップコーヒーの自販機もあります。

コインロッカー

大きさに応じて500〜600円、出し入れできないタイプのロッカーです。

更衣室

綺麗ですがあまり広くなく、バスツアー到着時は出入りが大変なほど混雑します。ツアーの宿命ですね・・・。帰りは滑り終わりのタイミングが多少バラけるため、ゆっくり着替えられました。

お風呂

「座禅温泉」という温泉施設が併設されています。今回は入っていないため、レポート対象外です。

コース

メインのゴンドラが運休であったため、中腹までしか滑ることができませんでした。ゴンドラ以外はすべてペアもしくはシングルリフト(高速ペアリフト2本)で、クワッドリフトがありません。丸沼高原はゴンドラで一気に標高2,000mまで上がり、4,000m近いロング滑走が売りであり、ペアリフトを乗り継いで回すのは効率が悪く感じました。悪天候が予想される日は避けたほうがよいかもしれません。

行った日は終日軽い雪が降り続いていたため、ゲレンデ全体が柔らかい雪面で、コース脇のいわゆる"端パウ"を楽しむこともできました。ゴンドラ運休のリスクはあるものの、ベースの標高が1,400mとかなり高いため雪質が大変よく、降雪時にパウダーを狙うのもよさそうです。

リフト待ち時間

ベース付近はうまく分散されてほぼ待ちなしでした。当日唯一動いていた高速リフト、第5スーパーツインが長蛇の列でした。どのリフトでも少し横移動すると自由に滑走コースを選べるため、列で待って高速リフトに乗るか、待ちなしでゆっくり目のリフトで上がるか好みで選ぶとよいです。

景色

今回は終日吹雪いていたためレビュー対象外とします・・・過去シーズンにゴンドラ山頂駅から日光白根山を臨めたことがあり、とても綺麗でした。参考までに。

f:id:uhfuji:20210201195731j:plain

ゲレンデ飯

ベースのレストラン「プラトー」で豚丼を食べました。

f:id:uhfuji:20210201195745j:plain

油多めの豚バラ肉にしっかりと塩味が染み込んでおり、ご飯が進みます。その他、カレーライスやサンドイッチ、ポテトや唐揚げなどの軽食がありました。

スキー場周辺

スキー場隣接の宿泊施設「シャレー丸沼」の他、近くに宿が数件あります。コンビニはありません。群馬県と栃木県の県境近くでかなり山奥です。

スノボ日記

滑走距離は短めで練習要素はなく、パウダーを少し楽しめた程度でした。

シーズン中もワックスがけ必須!!

今シーズンは毎週のようにゲレンデへ行っていて、3度目のホットワックスがけをしました。前回のワックスからyukiyamaアプリ記録で移動距離60kmを滑った後で汚れ具合を見たところ・・・

クリーナーで拭いた結果 f:id:uhfuji:20210201123620j:plain

ブロンズブラシで擦った結果 f:id:uhfuji:20210201123639j:plain

黒い!!土の上を滑ったわけでもないのに、はっきり黒く見えるほどに汚れていました。

シーズン2〜3回程度ならよいですが、それよりも多く滑りに行く方はぜひ途中でワックスがけをしましょう!!